« 鋭意制作中! | トップページ | 予約受付中~ローソン編 »

[05.02.14]  予約受付中~TSUTAYA編

現在、『スチームボーイ』DVD(通常版・メモリアルボックス)の予約を受付中ですが、TSUTAYAとローソンでは、それぞれ独自の特典を付けたオリジナル企画を展開しています。今回はその特典の魅力について、もう少し具体的にご紹介していきましょう。

まずはTSUTAYAオリジナル仕様のほうから。こちらには通常版DVDに「大友克洋シネマ・アンソロジー」と題した非売品の特典DVDが付いてきます。これは何かというと、「予告編で楽しむ大友克洋フィルモグラフィー」という内容で、初めてアニメーション制作に参加した『幻魔大戦』から監督最新作『スチームボーイ』まで、合計9作品(※)のトレーラーを一挙収録したファン必携のボーナスディスク。こちらがTSUTAYAだけのオリジナル特典となっています。ざっと予告編の収録タイトルを列記してみますと、

 幻魔大戦(1983) キャラクターデザイン
 AKIRA(1988) 原作・脚本・監督
 SO WHAT(1988) 原作
 ワールド アパートメント ホラー(1991) 脚本・監督  ※05.03.02追加更新しました!
 老人Z(1991) 原作・脚本
 MEMORIES(1995) 製作総指揮・総監督
 スプリガン(1998) 総監修・構成
 メトロポリス(2001) 脚本
 スチームボーイ(2004) 原案・脚本・監督

という感じになります。『幻魔大戦』は、宣伝展開がとても印象的だった当時の角川映画らしさがこの予告編にも詰まっていて、見直してちょっと懐かしくなりました。おなじみの『AKIRA』は、「DSR版」という2002年にテアトル池袋で公開されたデジタル・サウンド・リニューアル版の予告編を入れています。映像は特に珍しいものではありませんが、こんな機会でもないと出せないレアものということでお楽しみいただければ幸いです。

珍しいという意味では、実写映画の『SO WHAT』は意外なところかもしれません。高橋源一郎原案・脚本の『ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け』(86)や、村上春樹原作の短編『パン屋襲撃』(82)、『100%の女の子』(83)で知られる山川直人監督作品なのですが、「AKIRA」以前の漫画家・大友克洋が好きなオールドファンには、こちらの雰囲気が「大友らしさ」だったりするんですよね。ちなみにこの『SO WHAT』は、『AKIRA』と同じ1988年7月16日に公開されてるのだとか。調べてみてビックリ。

ところで今回、諸般の事情で収録できなかった予告編もあるのですが、個人的に入れたかったのが実はオムニバス作品『迷宮物語』(87)でした。この中の『工事中止命令』がアニメとして大友克洋初監督作品になるわけですが、『AKIRA』の小手調べでこんな凄いモノを作るだから、やはり才能のある人は違います。未見の方は今すぐにでもご覧いただきたい傑作です。ですが、これの予告編が現存しなかったんですよ。不思議に思って確認してみたら、要するに東京国際ファンタスティック映画祭’87で先行上映されたものの、事実上OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として扱われてしまったらしく、劇場予告はもともと作られてなかったようなのです。うーん、残念。

さて、この特典DVDなんですが、パッケージデザインを本商品と同じ上杉季明氏(マッハ55号)が手掛けるという凝りようにも注目。この機会をどうぞお見逃しなく!

というわけで、字数(?)も尽きてしまいましたので、今回はこの辺で。TSUTAYA特典はいかがでしたか。次回はローソンのアフレコ台本つきメモリアルボックスをご紹介したいと思いますので、お楽しみに!

ではまた。

桑島(製作宣伝)

2005 02 14 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35236/2921478

この記事へのトラックバック一覧です: 予約受付中~TSUTAYA編:

» 金田伊功+キース・エマーソン「幻魔大戦」 from 牧歌組合~耳コピとエロジャケ~
(C) 角川書店 ■関連商品 EMERSON LAKE & PALMER Tarkus 幻魔大戦 サウンドトラック  リズム感が卓越したアニメーション。  今日は先日「ふしぎ遊戯」オープニング解析 で引用した、幻... 続きを読む

受信: Aug 3, 2005 11:39:20 PM