« DVD本日発売! | トップページ | ちょっとしたお楽しみ。 »

[05.04.15]  DVDボックスの感想

店頭に並んだDVDはご覧いただけたでしょうか? 本編のみならず、特典映像も力の入ったものが揃っているので、是非メモリアルボックスを観てもらいたいなぁ。

さて、発売の少し前にスタジオにもDVDサンプルが届きます。それらを大友監督をはじめメインスタッフに渡したりするわけですが…。

松下「Kさん! DVDボックス届きました!」

K「何~い? DVDボックスだと~。4枚組み~? どうせまた意味もなく枚数だけが多い特典ディスクを付けて、カサを増そうとしているんだろ? 大体いまどき4枚組みでこの厚さは何だ、DVDも1000枚超えると置き場所に困るのを考えて欲しいよな~」

松下「どうぞ」

K「では早速。(素早く本編ディスクをパソコンに挿入して)大体、英語字幕どころか英語吹き替えが入ってないのがけしからん。俺はピカード艦長の声が聞きたかったのに(ぶつぶつ)。おっ! 平均ビットレートが8以上たぁ頑張ってるじゃねぇか。よ~し容量もパンパンに使ってるな。余計なものは極力省いて画質に回したってことだな。特典ディスクの方もきちんと容量使い切ってるな、よしよし。たま~に、どう考えても一枚にまとまる容量を分割して枚数増やすけしからん奴がいるからな。おお! 分単価にすると分26.25円随分割安感があるな、通常版よりお買い得だな。容量単価でもいい数字が出るぞ~。何じゃこのボックスは! こんなとこまで絵を描かなくてもいいじゃねぇか~。何~っ、大友監督描き下ろしだと~。何という贅沢な。この厚さは背表紙のイラスト見せるためでもあったわけだ! う~ん! 侮りがたし! よ~し買いだ!」(おもむろにネットを開いて注文を始める)

松下「あっ、見本なんで持って帰っていいですよ」

K「ホント! ラッキー。よしアマゾンで米国版の注文だ!」(※)

多分、スチームボーイスタッフで一番DVDボックスに厳しい、システム管理Kさんのコメントでした。

松下(設定制作)

※米国版DVDはまだ発売されていません。念のため。

2005 04 15 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35236/3709125

この記事へのトラックバック一覧です: DVDボックスの感想:

» スチームボーイ from あ~るの日記@ココログ
DVDで映画「スチームボーイ」を観た。CGとは違うフルデジタル映像としてのコンピュータとアニメの融合(セルアニメと違い無数の色が使える、中間色が見事にアニメートされている、幾重にも重ねられた映像 等)は、DVDで繰り返してみると改めてその素晴らしさに気付かされる。(月刊ASCII記事参照) 映画館で観た時は、子供向けの作品には思えなかったけど、改めてDVDで観ると「科学と心と夢」「親子」「科学技術と戦争」といったテーマをこれからの50年を担う子供達に伝えようとしていることが伝わってきた。映画館の上映... 続きを読む

受信: May 5, 2005 1:33:31 PM