« September 2005 | トップページ | December 2005 »

12月2日英国公開!!

今週の金曜、遂に英国上陸です!!
私の周りでも大友監督に英国のTV番組が取材に来たりと久しぶりに『スチームボーイ』のお仕事をしていたりします。

11月1日に発表した訳ですが、こう言った情報はなかなかデリケートなので発表のタイミングがとても難しいです。実際、これまでも何度か公開日が決まりかけHP用の原稿の準備をしたりしたのですが、色々な事情(社会情勢や他作品の上映状況など)で伸びたり縮んだりしてきたわけです。

流石に、ロンドンでテロ発生直後にロンドン大破壊の映画を上映するのは憚れますよね。
似たような話が他にもいろいろあって、NYでの「9・11」の直後に『メトロポリス』の上映が予定されていて、公開自体が取り止めになるのでは?と騒然となりました。その後無事公開となりましたが、ラストのジグラットの崩壊シーンは確かに「9・11」を彷彿とさせますよね。
サンライズ作品でやばかったのが、『エスカフローネ』ですね。ファーストシーンを「関西で大地震が起こりその影響で異世界に飛んでしまう」というシチュエーションで進めていたところ「阪神淡路大震災」が起こりびっくり。製作している方も「関西で地震なんてまず無いから」と思ったいたので、「まさか関西で」と言った状況でした。これはコンテ前だったの何とか軌道修正できましたが…。

世の中ほんとに何が起こるか予想も出来ません、そう考えるとまだまだ安心できません。ロンドンに『デイアフタートゥモーロー』並みの大寒波がきたり、アメリカの企業が新兵器の実演をしに来てみたりしたら、上映取り止めになってしまうかも!!まあそんな事は無いと思いますが…どうか公開までにスチーム城がロンドンに上陸したりしませんように。

松下(設定制作)

2005 11 30 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

!!アカデミー賞ノミネート候補作品に選出!!

ビッグニュースです!!

米国のアカデミー賞長編アニメーション部門のノミネート候補作品に
「スチームボーイ」が選出されました!!

アカデミー賞HPでのプレスリリースです。
http://www.oscars.org/press/pressreleases/2005/05.11.17.html

いまだ実感が湧いてきませんが、この作品の中でオスカーを奪い合うのかと思うと、強敵ばかりで気が遠くなりそうです。
松下(設定制作)

2005 11 18 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

実写版スチームボーイ

いよいよ『スチームボーイ』も舞台となったイギリスに上陸ということで、その反響も楽しみなところですが、日本国内でも2006年正月第2弾として、ちょっと興味深い映画が公開されます。タイトルは『オリバー・ツイスト』。先日行われた東京国際映画祭でも、特別招待上映となった文芸大作です。

――アカデミー賞に輝く『戦場のピアニスト』のポランスキー監督が、ディケンズの名作を映画化! 19世紀のロンドンを舞台に、様々な悪に出会いながらも無垢な魂を持ち続ける少年オリバーが幸せを掴むまでを描いた感動作。(第18回東京国際映画祭・公式サイトより)

で、こちらの公式サイトに飛んでみると……どこかで見たことがある感じがしませんか?

http://www.olivertwist.jp/

なんかこう、“実写版スチームボーイ”というムードがありますよね(笑)。単純に同じ時代、同じ舞台を描くからビジュアルが似るのも当然なのですが、時代考証の根拠として参照した資料が恐らく同じような絵画だったのでしょう。ぼくらから見ると木村真二美術監督の世界が、セット撮影されたように感じられます。(試写で見た某『スチームボーイ』関係者からも、実際にそんなコメントをお聞きしました)。

まあ、「19世紀ロンドン」ということで言えば、人によっては『英國戀物語エマ』実写版を期待しちゃうのかもしれませんけどね(笑)。個人的には好きな監督でもありますので、いろいろな意味で楽しみな一本です。

ではまた。

桑島(元・製作宣伝)

2005 11 09 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

英国上陸!!

公式HPでも発表になりましたが、
スチームボーイのイギリスでの公開が発表になりました!
2005年12月2日から公開で順次公開館数は増えてゆく予定です。
タイミング的には少し早い気もしますが、12月18日公開館も結構予定があるので、クリスマスシーズン第一弾といった最高の時期での上映となりました。

松下日出男(設定制作)

2005 11 02 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック